​フィジカル     (20%)

​試合型式

​(25%)

​戦術(5%)

​基本技術(50%)

インサイドキック

​紅白戦

​ヘディング

​ウェイトトレーニング

​スプリントトレーニング

​ドリブル

​インステップキック

​ミニゲーム

​戦術練習はほとんど実施されていない。

​ロングキック

​リフティング

​our training

​基本技術練習

SIF​のトレーニングは「止める、蹴る」を中心とした基本技術の習得に時間の50%を当てている。その他にも、ジグザグドリブルや1対1など、徹底的にサッカー選手としての基盤となる基本技術を繰り返し練習する。小学生が行うような基本の繰り返しが彼らの未来を大きく書き換えるはずだ。

​フィジカルトレーニング

​SIFのフィジカルトレーニングはSIF最大の特徴と言える。スポーツクラブNASの全面バックアップの元、ジムエリア、屋内温水プールでの最先端のフィジカルトレーニングを実施。クラブハウスにも様々なトレーニング器具を完備している。プロ顔負けの環境下で選手達の身体能力は飛躍的に向上し、それぞれの持つ技術をさらに輝かせる。

また、全選手の詳細な身体データが管理されている。身長、体重、体脂肪率、筋肉量、50m走、垂直跳び、最大酸素摂取量など、徹底的に分析されたデータを管理することによって、日々のトレーニングメニューの構築や食事管理に役立てている。このデータ測定を定期的に行うことで、トレーニング成果を可視化し、選手達のモチベーションの向上にも繋がっている。

​試合型式

​試合形式のトレーニングを中学校のグランドで実施している。紅白戦のメンバーは「A、B分け」といった分け方は実施していない。「A、B分け」にはサッカー的なメリットがあるかもしれないが、教育的にはデメリットが多い。大切なことは平等な競争と、選手間のリスペクトを生み出すことだ。

​戦術練習

セットプレーなどの戦術練習はほとんど実施していない。特に1、2年生のうちは皆無と言っていいほどに。限られた練習時間を徹底的に個人の強化(基本技術とフィジカルの強化)にフォーカスすることで、選手達は大きな飛躍を遂げる。

​GKの育成

​毎週2回、専門のGKコーチの元、GKの選手のみ(フィールドプレーヤーとは別で)で行う『GKトレーニング』を実施している。

人工芝のグランドで行うその専門的なトレーニングは、GKの基本から応用まで徹底的に指導。

 

また、スポーツクラブNASでは最高レベルのトレーニング環境の中で、GKに必須となるフィジカルを専門的なアプローチにより強化。

特にジャンプ力に欠かせない体幹部や、セービングなど全てのハンドリング技術に大きく関与する上半身の強化を中心としたメニューが組まれている。

技術、フィジカルの両面からの専門的なアプローチでトップクラスのGK輩出を目指す。

DSC_4177_edited_edited_edited.jpg
DSC_6192_edited.jpg
IMG_3004.JPG